収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » 一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識 » マンション投資とアパート投資の違いは?

マンション投資とアパート投資の違いは?

マンションやアパート

マンション投資とアパート投資の違いやそれぞれのメリットについて説明していきます。

一般的に「マンション投資は区分所有、アパートは一棟購入」とされていますが、果たしてどちらの投資がより低リスクで大きな利益をあげられるのでしょう。詳しく見ていきます。

マンション投資とアパート投資の特徴

マンション投資の主流は区分所有でアパート投資は一棟購入です。これはマンションを一棟購入する投資法のメリットがあまり知られていないことが理由だと言えます。マンションは一棟購入した方が空室リスクを回避したり金融機関のローンを利用したりするうえで運用しやすいのですが、「ワンルーム投資」をはじめとした区分所有のマンション投資が現在のところ一般的です。

反対にアパート投資の場合、区分所有というケースはほとんどありません。物件を一棟丸ごと購入しアパート全体のオーナーになって家賃収入を得たり売却してキャピタルゲインを得たりします。

区分所有のマンション投資と一棟購入のアパート投資を比較すると、アパート投資の方が初期投資費用が高く、規模の大きい投資になります。アパート一棟購入はリスクの心配をする方もいるでしょうが、アパート金融機関から借り入れる資金が多くても投資の規模が大きければ黒字化する見込みは充分。目先のお金の動きではなく長期的な利益を見据えた投資を行いましょう。

マンション投資のメリット

マンション投資は一棟購入するか区分所有するかを選べるため、自分の手持ち資金にあった投資ができます。ただし、「区分所有の方が初期投資額が少ないから低リスクで安全」と早合点してはいけません。区分所有には、所有している部屋が空室になると利益があがらなくなるというリスクがあります。一棟購入と区分所有のどちらもできるというマンション投資のメリットをふまえつつ、最も効率的に収益をあげる方法をチョイスしましょう。

また、一般的にマンションはアパートよりも頑丈に作られているため、災害による倒壊・破損のリスクが低いというメリットもあります。

アパート投資のメリット

アパート投資は基本的に物件を一棟購入して行います。区分所有のマンション投資と比較すると、リスク分散できる点がメリットです。仮に空室が発生してしまっても別の部屋からあがる家賃収入でもって補填ができます。

一棟購入と聞くと投資初心者の方は「難しそう…」「リスクが高いのでは?」と気後れしてしまうかもしれません。しかし、実際には区分マンション投資よりはアパート一棟を購入しての投資の方がリスクが抑えられるのです。一棟購入によりリスク分散でき、初期投資額の大きさを利用した高額のリターンが期待できるという点がアパート投資のメリットだと言えます。

一棟マンション投資を
はじめるには?

一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
マンション投資のメリットまとめ
マンション一棟売りと区分マンションを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとは
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート