収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » 一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識 » おさえておきたい利回りの知識

おさえておきたい利回りの知識

ここでは投資用マンション経営に必須の利回りの重要性と算出方法について解説しています。

利回りとはなんでしょう?

電卓のイラスト金融や投資の話になると利回りという言葉を耳にします。なんとなくわかっていても具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか?

利回りは、投資した金額に対し、年間の収益がどのくらいあるのか%で表したものです。

例をあげて説明すると、

  • 投資100万円に対し、年間収益が40万円なら利回り4%、
  • 投資100万円に対し、年間収益が50万円なら利回り5%

となります。

金融商品や投資商品に利回りという言葉を使うのは、他の金融商品との比較をしやすくするためです。

例えばマンションの物件価格はすべて違うので、これらを比較するのは難しいことですが、それぞれの物件を利回りで表せば簡単に比較することができます。

投資用マンションの利回りの算出方法

利回りの算出方法はとても簡単で、年間家賃収入をマンション購入価格で割るだけです。

マンション購入価格が2,400万円で家賃が月10万円、世帯数が12の場合、

120万円(10×12) ÷ 2,400万円 = 5%

で5%の利回りとなります。

複数の物件を比較しているときには、場所、環境、駅からの距離、間取り、部屋数など、色々な条件を比べますが、投資として購入するなら、どのくらい収益があるかということも大切なポイントです。

投資マンション購入時には利回りも大きな判断基準となります。

利回りは物件を収益面で比較をするときの指標となる、とても重要なものなのです。

利回りはマンションを売るときにも使われますが、この場合の計算方法は、年間家賃収入をマーケット相場利回りで割り、その答えが販売価格の目安となります。

利回りが高いのは中古マンション?

新築マンションのほうが維持費が安く空室率も低いので利回りが良いのでは?という方もいらっしゃると思いますが、新築物件が新しいのは最初の入居だけで、その後は、ただの中古マンションになってしまい、これはあまり意味がありません。

また、賃貸マンションを選ぶ場合、持家のように一生住むわけでもないので、まずは利便性、経済性が重要と考え、場所と家賃が選択基準となり築年数を気にする人もあまりいないのです。

では、利回りを考えるとどうなのでしょうか?

例えば、築20年で価格850万円の中古マンション(家賃70万円)と同じようなレベルで価格1600万円の新築マンション(家賃82万円)を比べてみた場合、中古マンションの利回りは9.1%、新築マンションの利回りは5.13%となり、中古マンションのほうがお得になります。

マンション投資会社を徹底比較したランキングをチェック≫

一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
備えて安心!マンション投資のメリットまとめ
どっちがお得?マンション一棟売りと区分売りを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとその回避法
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート