収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » 一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識 » 収益物件の種類

収益物件の種類

マンションの画像

一棟マンションや一棟アパート、戸建ての特徴を紹介しています。各収益物件のメリットやデメリットもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

一棟マンション

一棟マンションには新築と中古があり、新築マンションの場合は一棟アパートや区分マンションに比べてかなり高額になります。既に所有している土地があれば、比較的購入しやすくなるでしょう。土地を所有していない場合、土地価格も含めた高額な費用がかかるため、不動産投資利回りは大きく低下してしまいます。よく検討してから投資を行うようにしましょう。

投資家の間で大きな支持を得ているのが鉄筋コンクリート造のRCや重量鉄鋼で作られた一棟マンションです。RCは法定耐用年数が木造物件の約2倍とされています。また、自己資金を出資せず、全額融資で購入できるのはRCマンションだけなのです。

戸数が多いため、いくつか空室が発生しても、他の戸室に入居者がいれば、大幅に収入が減ることはありません。そのほか、固定資産税や都市計画税が軽減されるのは、一棟マンションならではのメリットと言えるでしょう。

メリット・デメリット

一棟マンションのメリット

戸数が多く、収益率が高いのが大きなメリットです。中古物件の場合、低価格で購入できることもあり、利回りが良いという魅力も。建物の構造上、耐震性も高く、災害によるリスクも強いのが特徴です。鉄筋コンクリートで作られたマンションの場合、国の定める耐用年数は47年。銀行融資の返済期間を長く設定できるのも嬉しいポイントです。

一棟マンションのデメリット

投資金額が大きく、土地を所有していない場合は利回りがかなり低くなってしまうのが一棟マンションのデメリットです。融資額が大きければ大きい程、月々の返済も高額になり、利益が出にくくなってしまいます。中古マンションは低価格で購入できることもありますが、1981年以前の建築物には古い耐震基準が適用されているので注意してください。

一棟アパート

アパート一棟を購入して入居者から家賃収入を得る一棟アパート投資。マンションより部屋数が少なく、戸建物件や区分マンションと比べて部屋数が多いのが特徴です。規模が小さすぎず大きすぎないため、一棟アパートに投資する方が多くいます。複数の部屋があるため、1部屋が空室になった場合でも収入が0になることはありません。

一棟アパート投資では、中古アパートの人気が高い傾向にあります。中古アパートの場合、鉄筋とコンクリート造のマンションよりも高い利回りの物件が見つかりやすく、高い家賃収入を得られるケースが多いようです。

メリット・デメリット

一棟アパートのメリット

一棟ごと購入しているため、仮に1部屋が空室になった場合でも他の部屋の家賃収入で補うことができます。融資やローンなどを利用すると、少ない自己資金でも一棟アパート投資を始めることが可能です。

一棟アパートのデメリット

価格が区分マンションと比べて高いため、高額な購入費用がかかります。空室や入居者の滞納で家賃収入が減少してしまうことも。また、近くに新しいマンションが建設され、入居者が減ってしまうこともあります。

区分マンション

少額で投資できる不動産のため、投資初心者におすすめの区分マンション。マンション一棟ではなく一室ごと購入するため、破産リスクが低いのが魅力です。一人暮らし用のワンルームタイプと家族向けのファミリータイプがあります。購入するマンションが新築か中古かで価格が変動しますが、部屋が広いファミリータイプのマンションが特に高い傾向にあるようです。

物件の外装に関する修繕が不要なので、管理体制をしっかりとしておけば修繕費用がほとんどかかりません。駅近くの立地に区分マンションを建設するケースが多いため、賃貸需要が高い物件がたくさんあります。

メリット・デメリット

区分マンションのメリット

一室から購入できるので、少ない費用で不動産投資を始められるのがメリットです。また、区分マンションを別々のエリアで購入しておけば、災害で入居者がいなくなってしまった時のリスクを分散することができます。

区分マンションのデメリット

入居者がいる間は安定した家賃収入がありますが、退室してしまうと収入が0になってしまいます。区分で所有しているためマンション全体の管理権限がなく、リフォームや修繕工事の時には全オーナーの合意が必要です。

戸建て

戸建ては借りるものではなく、購入するものとお考えの方が多いかもしれませんが、戸建ての賃貸物件の入居率は低くはないです。戸建ての賃貸物件のオーナーが少ないので、マンションやアパートと比べると賃貸市場に出まわっている物件が限られています。そのため、常に需要が供給を上回る状況にあり、入居者を見つけることには困らないはずです。

戸建てに入居を希望されるのは、小さなお子さんがいるファミリー層や気兼ねなくペットと一緒に暮らしたい方、隣室や上下階との人付き合いをあまりしたくない方などが多いようです。家賃は同規模のマンションと比べると高い傾向にありますが、複数の世帯から家賃を回収できないため、投資利益はそれほど高くありません。一棟物件と比べると購入費用は安く、投資失敗のリスクが少ないため、不動産投資の初心者におすすめできます。

メリット・デメリット

戸建てのメリット

マンションやアパートに比べて、購入費用が安いのが戸建ての大きなメリットです。特に中古の戸建ては割安感があります。また、長期間の入居者が多いので、安定した収入を継続的に得られるほか、退去手続きや入居者の募集を頻繁に行わなくて済むのも魅力です。

戸建てのデメリット

戸建ての場合、区分マンションと違って共有部分が一切ありません。建物の修繕やリフォームを行う場合、すべての費用を負担する必要があります。また複数の世帯が入居するマンションやアパートと比べると、家賃収入が少ないのが戸建てのデメリットです。投資規模を拡大するにも、複数の物件を所有しなくてはならないため、時間と手間がかかります。

安心して任せられる不動産投資会社3選

一棟マンション投資を
はじめるには?