収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » どっちがお得?マンション一棟売りと区分売りを完全比較 » 収益性の高さで比較

収益性の高さで比較

こちらでは、ローンが組みやすい、管理会社と相談して最適な管理を行うことが可能、税金控除が受けられるなど一棟売りマンション不動産投資の収益物件としてのメリットについて解説します。

一棟売りマンション投資と区分マンション 投資収益物件としてはどっちがいいの?

頭金も少ないし、区分所有から始めたほうがいいかもしれないと思っている方もいるかもしれませんが、実は一棟売りマンションのほうがローンが組みやすく、収益性も高いということをご存じでしょうか?

ローンが組みやすい

マンションのイラスト一棟買いマンションは居住者が多く入居し家賃収入が確保しやすいため、ローンの返済リスクが低く、区分所有と比べると評価額が高くなります。このため金融機関のローンが利用しやすくなり、立地条件の良さやRC造りの新築物件であるなど、物件によっては100%のフルローンも可能です。

また、ローン返済も自己負担が少ないプランが組みやすいです。

少ない資金で大きなキャッシュフローを生み出せるのは一棟買いマンションの大きなメリットです。

管理会社と相談して最適な管理を行うことが可能

一棟買いマンションは区分所有と違い、家賃の変更や修繕計画などについてオーナーが自分で決めることができ、管理会社と相談して適切な管理をすることができます。

税金控除が受けられる

アパート、マンションの場合10部屋以上、一戸建ての場合5棟以上を所有する場合、投資収入が不動産所得ではなく事業所得として認められます(5棟10室基準)。

不動産投資を事業的規模に広げると、税金面の優遇制度を利用できるようになります。

例えば、事業的規模になると、利益からマイナスできる青色申告特別控除額が65万円になり、家族に給料を払うこともできます。

9室しかない物件だと青色申告特別控除は10万円となり、家族への給料支払はできません。

なお、基準を満たす10室というのは複数棟を組み合わせても構わないので、不動産投資をする際の選択基準として覚えておくと良いと思います。

マンション投資会社はこう選べ≫

一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
備えて安心!マンション投資のメリットまとめ
どっちがお得?マンション一棟売りと区分売りを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとその回避法
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート