収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » 成功に導く投資用マンションの選び方 » 新築と中古どちらがいい?

新築と中古どちらがいい?

こちらでは、新築マンション経営や中古マンション投資のメリット・デメリットについて解説します。

新築マンション投資と中古マンション投資のメリット・デメリット

  • 中古マンションと新築マンションのメリット

中古マンションのメリットは、都心にあるなど条件の良い物件が多い、賃貸中の物件を買えばすぐに家賃収入がある、新築より価格が安い、保険や年金の効果がある、などがあげられます。

新築マンションのメリットは、自己資金が少なくても始められる、中古物件より耐用年数が長い、中古よりも借り手が見つかりやすい、購入した後しばらくは修繕などのメンテナンスが不要、保険や年金の効果がある、などがあげられます。

  • 中古マンションと新築マンションのデメリット

中古マンションのデメリットは、ローンが借りにくいので(新築のほうがローンが借りやすい)自己資金が多く必要、建物も設備も古いので修繕などのメンテナンス費用が発生する可能性が高い、賃貸料が下がる可能性がある、などがあげられます。

新築マンションのデメリットは、物件価格が中古よりも高い、物件を入手してから借り手を探すので入居までに時間がかかり家賃収入を得るまでに時間がかかることがある、都心の物件が少ない、購入後の物件価格の値下がり幅が大きい、などがあげられます。

経営するなら中古マンションが良い?

マンションのイラスト新築に比べると低い価格で投資でき、新築より高い利回りがあり、バブル時期の物件が大きく値下がりしているので買い時であるなどの理由から、今は中古マンション投資がお得と言えるでしょう。

ただ、中古物件の場合、新築物件よりも綿密にリスクを計算し、投資計画をたてなければなりません。

物件価格は安いが利回りの高い、安定した家賃収入が得られる物件を選ぶ必要がありますが、これには良いパートナーが必要です。

中古マンション投資には豊富な経験や知識が必要になるので、最適な投資方法を考えてくれる良い不動産投資会社を選ぶことが、中古マンション投資を成功させる重要なポイントとなります。

マンション投資会社を徹底比較したランキングをチェック≫

一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資をはじめるには?おすすめ投資会社タイプ別おすすめ投資会社を見る
一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
備えて安心!マンション投資のメリットまとめ
どっちがお得?マンション一棟売りと区分売りを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとその回避法
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート