収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » マンション投資のリスクとは » 滞納リスク

滞納リスク

こちらでは、一棟マンション投資の滞納リスクの対処法について紹介しています。

マンション投資の滞納リスク

おかねのイラスト

一棟マンション投資のリスクと言えば「空室」を思い浮かべる方が多いと思いますが、それと同じくらい重要な問題なのが「家賃の滞納」です。どんなに部屋が埋まっていても入居者に家賃を支払ってもらわないとローンを返済できません。

ほとんどの方は入居者の家賃収入に頼っているため借金の返済が滞ってしまう場合が多いようです。もし家賃を支払ってもらえなかったら、もちろん家主が滞納分の料金を支払わなければなりません。自己負担だとしても、滞納となると不動産所得になってしまうため所得税の課税対象に。

それを避けるためには滞納リスクを減らし、スムーズな管理ができるよう対策を取る必要があります。「滞納が続く場合であれば契約を解除すれば良いのでは?」と思いがちですが、「支払いを忘れていた」という人もいれば、「急に入院することになった」という人もいます。家賃を滞納する人はさまざまな理由を持っているためすぐに契約を切るということは現実的に難しいといえるでしょう。

滞納リスクの対処法は?

なんとかして避けたい滞納リスク。もし支払われなければ、大きな負担となっていまします。一棟マンション入居者にスムーズに支払ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは滞納リスクを対処する方法をまとめています。

 

管理会社に任せる

「直接入居者に督促するのはちょっと気が引ける」という方も多いでしょう。管理会社に家賃管理を委託すると、家賃集金や滞納時の督促などをしてもらえます。しかし、管理会社に全て任せるのではなく、滞納があった場合は即知らせてもらうようにしておきましょう。

入居者選びを慎重に

管理会社に、どのような人を入居させるか伝えておくといいでしょう。例えば年収。家賃を毎月支払えるほどの年収を貰っているかどうかも見るべきポイントです。また、入居申請を偽っていないかどうかしっかり確認しましょう。

連帯保証人へ請求

入居者本人へ何度家賃を請求しても支払われないといった場合は、スムーズに連帯保証人へ連絡した方が良いでしょう。家賃を督促しても支払われなければ、ただ時間が過ぎてしまうだけ。なるべく早く連帯保証人へ相談し、それでも家賃が支払われないといった場合は、連帯保証人に支払ってもらうしかないでしょう。

マンション投資会社を徹底比較したランキングをチェック≫

一棟マンション投資を
はじめるには?

一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
マンション投資のメリットまとめ
マンション一棟売りと区分マンションを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとは
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート