収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

HOME » マンション投資のリスクとは » 空室のリスク

空室のリスク

こちらでは、マンション経営の空室リスクと空室対策について解説します。

投資用マンションの空室リスクと空室対策

マンションのイラストマンションは人に貸すものなので、借り手がつかなくて空室になるというリスクがあります。

投資マンションに借り手がいなくなってしまったら、家賃が入らないだけでなく、ローンの返済や維持費などを自分で払うことになってしまいます。

このような空室リスクを避けるには、どうしたらよいのでしょうか?

パートナー会社選びが重要

空室リスクを出来るだけ避けるためには、最初の物件選びがとても重要となります。

そのため、パートナーとなる不動産投資会社はじっくり選ぶ必要があります。

サブリース

空室になっても、すぐに埋まるような人気の高い物件であることが理想ですが、なかなか難しいことです。しかし、サブリース契約を結べば、万一空室が出ても賃料が保障されます。

サブリース契約では不動産業務についてのノウハウを持った業者がオーナーの代わりに借り手を探します。そして、もし空室が発生しても、その間の賃料を払ってくれるのです。

また、サブリース契約には、家賃の滞納があっても保障してくれる滞納保証や賃貸関連の業務を代行してくれる賃貸業務代行など、色々なサポートがあるので、知識や経験がない素人でもマンション投資が簡単に出来ます。

利便性を考える

少子高齢化の進む日本では、今後さらに人口減が進むことが予測され、都市部以外の地域の人口も減ることが予想されます。

地方物件には価格が安くて利回りの良いマンションもありますが、地方における今後の賃貸ニーズを考えると空室リスクが高くなる可能性があります。

また都市部でもオフィスや大学などのある利便性の良いエリアの物件がおすすめです。

社宅として貸す

最近は、企業が社宅としてマンションを借り上げるケースも増えているので、大手企業の社宅として投資マンションを貸すことが出来れば収益が安定し空室リスクも減ります。

マンション投資会社を徹底比較したランキングをチェック≫

一棟マンション投資を
はじめるには?

一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
マンション投資のメリットまとめ
マンション一棟売りと区分マンションを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとは
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート