サイトマップ

一棟売りアパート・一棟マンション投資をはじめたい方必見!収益物件はこう探す!

一棟マンション投資の投資会社比較サイト » 一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート » 一棟マンション経営に失敗した事例1

一棟マンション経営に失敗した事例1

投資商品の中では比較的リスクの少ない一棟売りマンション経営ですが、良くリスクを知っておかないと失敗する危険もあります。

こちらでは、マンション投資の主な失敗原因をリストアップし、失敗事例についても紹介します。

マンション経営 失敗の原因

男性のシルエットマンション投資は株や金融商品などと比べるとリスクの少ない投資商品です。短期間で大きな利益は得られませんが、長期的に見るとマンション投資ほど安心で利回りのよい商品はありません。

しかし、リスクを良く知っておかないと失敗する危険もあります。

マンション投資の失敗原因となるのは5つのリスクとは・・

1.空室リスク

最も多いのはいつまでも借り手がつかない空室リスクです。

空室リスクを避けるには、借り手に好まれる高価値の物件を選ぶことが重要です。立地条件、外観・設備、環境などが良い高価値物件を選ぶ必要があります。

2.金利上昇

一般にマンションは金融機関から借り入れるローンで購入しますが、金利上昇でローン支払いができなくなり、最悪の場合は物件を手放すことにもなります。

金利上昇リスクを避けるには、低金利で借りて、繰上げ返済でできるだけ早く完済することがポイントです。

3.予期せぬ維持・管理コスト

月々の管理費や長期修繕積立金が突然上がってしまい、維持管理コストが払えず失敗することもあります。

月々の長期修繕積立金が低めに設定されていると修繕工事時に資金が足りず余計なコストがかかってしまうので、マンション購入時には良くチェックしましょう。

4.物件価値の下落

物件価値が下がったために家賃収入が減り、ローン返済できなくなるケースもよくあります。

物件購入時には設備の老朽化による修繕費がかからないかどうかチェックすることがが重要です。

また、物件価値が下がらないように普段のメンテナンスをしっかり行ってくれる管理会社と契約する必要があります。

5.天災による被害

天災は避けることができません。火災保険の加入、オプションの地震保険への加入は必須です。

一棟売りマンション経営の失敗事例

男性のイラスト10年前、マイホームローン残高が約2500万円あったのですが、マンション投資会社のすすめでマンションを購入、家賃収入10万円、毎月9万円のローン支払いで持出金が無く、15年後から家賃収入はすべて利益になるはずでした。ところが2年更新の都度交渉あり、管理費・修繕積立金等を入れて持出金が毎月5万円になってしまい、ローンが払えなくなりマンションを手放すことになりました。(年収800万円 会社員)

マンションのイラスト

男性のイラストはじめてのマンション投資だったので手頃な安い中古物件を購入しました。利回りも高いので手頃な中古物件を増やして行こうと思っていいたのですが、入居者は数ヶ月で退去し、その後の1年間も入居者は決まらず家賃収入はゼロでした。入居者が決まっても家賃の滞納、夜逃げで散々な状態です。今でも所有していますが家賃収入はほとんどなく安易に手を出したことに後悔しています。(無職(年金生活者))

マンション投資会社を徹底比較したランキングをチェック≫

当サイト一押し! 一棟マンション投資のご相談・まずはここに!

一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識
備えて安心!マンション投資のメリットまとめ
どっちがお得?マンション一棟売りと区分売りを完全比較
一棟マンション投資するならココ!収益物件の販売会社リスト
成功に導く投資用マンションの選び方
マンション投資のリスクとその回避法
地域別一棟マンション投資の人気エリア
一棟マンション経営オーナーの成功・失敗レポート

ページの先頭へ

収益物件で資産形成! 一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト