投資会社を比較|一棟マンション投資の教科書

収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » 一棟マンション投資でオーナーになるための基礎知識 » 海外不動産投資より国内収益物件の方が安心な理由3点

海外不動産投資より国内収益物件の方が安心な理由3点

不動産投資海外の不動産投資と国内収益物件への投資、どちらがよいか悩んでいるのであれば、国内収益物件へ投資することをおすすめします。

たしかに海外不動産は値動きも大きく節税面の魅力もありますが、うまく投資できないと失敗する確率も高いのです。

今回は海外不動産と国内収益物件をリスク、収益性、サポート体制の3点から徹底比較していきます。

一棟マンション投資を成功させる!
不動産投資会社3選を見る

海外不動産投資と国内収益物件のリスクを徹底比較!

自分が慣れ親しんだ国の不動産に投資するか、まったく違う文化、法律、習慣のある国の不動産に投資するかは、とても大きな違いです。

避けては通れないカントリーリスクと海外ゆえの不安定さ

海外不動産投資市場として注目されている東南アジアを中心とした一帯は、情勢が不安定でいつ大きな変化が起きるかだれにも予想ができません。

不動産に投資したあとテロや法改正があって国外へ資金が持ち出せなくなってしまう、災害が起きて不動産がなくなってしまう、為替レートに変動があって思ったよりも収益があがらない、といったことも十分に考えられるのです。

日本の市場は安定している

日本は世界でも安全な国だと言われています。情勢が安定しているため、大きな変化が起こりづらいということです。

不動産価格暴落の可能性が低いのは、大きなメリットと言えます。

海外不動産投資と国内収益物件の収益性を徹底比較!

続いて、海外不動産と国内収益物件の収益性に焦点をあててみましょう。

一発逆転狙いの海外不動産投資

海外不動産投資は、「安いときに買って、地価や需要が上昇し高くなったら売る」キャピタルゲイン狙いの投資です。

将来的に人口や需要の増加が見込め、日本よりも物価が安い国にうまく投資できれば大きな利益をあげることができます。

ただし、さきほど触れた通り海外不動産はリスクに左右される可能性が高いため、どうしても一か八かの投資になりやすいです。

安定収入狙いの国内不動産

国内収益物件の場合、値動きの幅が小さいためキャピタルゲインはなかなか狙えません。

しかし、ある程度どういう物件に需要があるのか、どこの土地なら需要があるのかデータが揃っているため、「需要の安定した物件に投資することで、長期的に家賃収入を得る」インカムゲイン狙いの投資をすることになります。

一度に入ってくるリターンは少ないですが、その分リスクも小さいため安定した収益を得やすいのです。

海外不動産投資と国内収益物件のサポート体制を徹底比較!

海外と国内の不動産投資において、一番大きな違いがあるのはサポート体制です。

海外不動産への投資は融資を受けるのが難しい

海外不動産への投資は、金融機関からの融資を受けるのが難しくなっています。

リスクが大きい海外不動産投資は融資の審査そのものが厳しく、組めるローンの上限も国内への不動産投資に比べて低くなっていることがほとんどです。

国内不動産への投資は融資を受けやすい

国内の不動産市場はある程度安定しています。リスクが少なければ金融機関も融資をしやすいため、価格の8割から9割をローンで用意することもできるのです。

海外不動産投資を成功させるには現地での体験と語学力が必須!

投資の成功には、実際に現地を訪れどういう物件に需要があるかを知る必要があります。高い語学力は必須です。 また、調査に費用がかかるなど、そのハードルは高いと言えます。

国内不動産投資ならエージェントの選択肢も豊富で比較しやすい

国内収益物件への投資なら、口コミや評価でも判断できるさまざまなエージェントが揃っています。実際に現地に足を運んで需要や立地をチェックするのも簡単です。

国内収益物件の方が安心!

もしどちらがよいか迷ったら、まずは国内収益物件への投資から始めてみてはいかがでしょうか?

不動産投資に必要な金額はけっして小さくありません。失敗すると損失が大きいため、多少収益性が低くてもリスクが少なくサポート体制が整っている国内不動産投資から始めてみることをおすすめします。

一棟マンション投資のおすすめ不動産会社3選

「キャッシュインフローを作る投資」なら

カイロスマーケティング

カイロスマーケティング

入居率と収益性を重視した「キャッシュインできる不動産」を提案し、自己資金を抑えた、利益を最大化させる投資を提供。

公式サイト

「将来的な保険としての投資」なら

インヴァランス

インヴァランス

生命保険や老後資産の代替として、一棟マンションの購入を検討している方に向けて、13もの金融機関と提携している。

公式サイト

「海外不動産への分散投資」なら

ダイムラーコーポレーション

ダイムラーコーポレーション

米国のコンサルタント資格を持ち、海外での不動産投資が可能。分散投資として、2社目3社目の投資先にもおすすめ。

公式サイト
【目的別】一棟マンションの投資会社【3選】

一棟マンション投資を
はじめるには?