投資会社を比較|一棟マンション投資の教科書

収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » 一棟マンションと区分マンションを完全比較 » 空室リスクで比較
  

空室リスクで比較

こちらでは、区分マンション投資よりも空室リスクが低く、空室対策を心配する必要のない一棟マンション投資のメリットについて解説します。

一棟マンション投資と区分マンション投資の空室リスクを比較すると?

マンションのイラストマンション一棟買いの場合は、複数の戸数を所有しているので、空室がでたとしても全く家賃収入がなくなるということはありません。

しかし、区分所有の場合は空室がでると家賃収入がなくなってしまいます。そして、家賃収入がないのに管理費や積立金の負担は存在するため、ローン返済も合わせると大きなマイナスとなるのです。

このため、空室リスクは区分マンションのほうが高いと言えるでしょう。

一棟売りマンション投資の空室対策

空室対策としてできることは以下の3つです。

都会で投資する

マンション一棟買いの場合、空室リスクが低いといっても、完全に避けることは不可能です。

空室リスクをできるだけ避けるには、賃貸希望者が多い地域で不動産投資をすべき、つまり都会で投資すべきなのです。

不動産投資は入居する人がいて成り立つものなので、賃貸需要のあまり多くない地方での不動産投資はリスクが高くなります。ローンがある場合はさらに大きなリスクとなるでしょう。

上場会社の本社も多い都会は勤務する人が多いだけでなく、地方からの学生や外国人留学生も多いので、賃貸需要がとても高いです。

また、再開発されているエリアも多いので不動産物件も多いです。

空室リスクを第一に考えるなら、都会で不動産投資することをおすすめします。

管理会社を選ぶ

また、パートナーとなる管理会社には入居率などを調べて、入居者の募集に強い会社を選ぶことが重要です。

オーナーの代わりに入居者を募集してくれるといっても、管理会社によって入居者が決定するまでの期間が大きく異なってくるので、長期的に見ると収益に大きなダメージを与えてしまいます。

サブリース契約する

不動産会社によっては、不動産会社がマンションを借り上げて、不動産会社が賃貸するサブリースを行っているところもあるので、それを利用すれば空室リスクを軽減することができます。

マンション投資会社はこう選べ

一棟マンション投資のおすすめ不動産会社3選

「キャッシュインフローを作る投資」なら

カイロスマーケティング

カイロスマーケティング

入居率と収益性を重視した「キャッシュインできる不動産」を提案し、自己資金を抑えた、利益を最大化させる投資を提供。

公式サイト

「将来的な保険としての投資」なら

インヴァランス

インヴァランス

生命保険や老後資産の代替として、一棟マンションの購入を検討している方に向けて、13もの金融機関と提携している。

公式サイト

「海外不動産への分散投資」なら

ダイムラーコーポレーション

ダイムラーコーポレーション

米国のコンサルタント資格を持ち、海外での不動産投資が可能。分散投資として、2社目3社目の投資先にもおすすめ。

公式サイト
【目的別】一棟マンションの投資会社【3選】

一棟マンション投資を
はじめるには?