投資会社を比較|一棟マンション投資の教科書

収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » 成功に導く投資用マンションの選び方 » 空室保証や滞納保証は重要

空室保証や滞納保証は重要

こちらでは、マンションサブリースのメリットについて紹介し、業務代行を行ってくれる業者がおすすめであることを解説します。

マンション投資はサブリース契約のあるものを選ぶ

空室がでた後の入居者がいなかったり、家賃の滞納があった場合でもサブリース契約をしていれば安心です。

サブリースのメリット

マンションのイラストサブリースとは、オーナーの持っているマンションなどの不動産を会社(サブリース会社)が借り上げて、入居者に転貸(又貸し)することで、この契約のことをサブリース契約といいます。

入居者がいてもいなくても一定の家賃収入が貸主であるオーナーに保証されるだけでなく(空室保証)、入居者の募集、家賃の集金や入退去時の手続き、建物のメンテナンス等もサブリース会社が代行してくれるので、時間と労力をムダに使わずに楽してマンション経営ができます。

保証される家賃収入は普通、相場の80%~90%で、30年以上の長期空室保証をしてくれる会社もあります。

契約にはもちろん費用がかかりますが、費用以上にプラス面が多いサービスとなりますので、マンション投資のパートナー会社にはサブリース契約のある会社を選びましょう。

特に初めての不動産投資なら、不安なことはすべて業者に任せるほうが安心です。

オーナー自ら入居者を探すこともできますが、専門家に任せたほうがずっと効率的ですし、投資しているマンションに空室がでた場合、すぐに入居者が見つからなくても家賃収入が途絶えることがなく安定した収入があるので安心です。

入退去に必要となるリフォーム費用も、会社が負担してくれるので、その度に出費することもありません。

また、マンション入居者からみた貸主はオーナーではなくサブリース会社となるので、住人同士のトラブルや家賃滞納などの問題も会社が対応してくれるところもメリットの1つです。

サブリースのデメリット

サブリース契約をしたからといっても、リスクがまったく無くなるわけではありません。

サブリース契約では保証する家賃が設定されていますが、経済状況の変動等で増減を請求できると記載されている場合があるので、契約時には設定された家賃が適正かどうかを確認するようにしましょう。

また、30年以上の長期空室保証といっても経済状況の変化で解約となることも考えられます。

ほかにも、サブリース会社が経営破綻した場合、入居者の敷金などがオーナーに課せられることもあります。

一棟マンション投資を成功させる!
不動産投資会社3選を見る

一棟マンション投資のおすすめ不動産会社3選

「キャッシュインフローを作る投資」なら

カイロスマーケティング

カイロスマーケティング

入居率と収益性を重視した「キャッシュインできる不動産」を提案し、自己資金を抑えた、利益を最大化させる投資を提供。

公式サイト

「将来的な保険としての投資」なら

インヴァランス

インヴァランス

生命保険や老後資産の代替として、一棟マンションの購入を検討している方に向けて、13もの金融機関と提携している。

公式サイト

「海外不動産への分散投資」なら

ダイムラーコーポレーション

ダイムラーコーポレーション

米国のコンサルタント資格を持ち、海外での不動産投資が可能。分散投資として、2社目3社目の投資先にもおすすめ。

公式サイト
【目的別】一棟マンションの投資会社【3選】

一棟マンション投資を
はじめるには?