投資会社を比較|一棟マンション投資の教科書

収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » マンション投資のメリットまとめ » 生命保険としての効果
  

生命保険としての効果

こちらでは、投資用マンションをローンで購入すると加入する「団体信用生命保険」は、契約者にもしものことがあった場合に残りのローンが免除される生命保険効果があることなどについて解説します。

投資用マンションの生命保険効果

マンションのイラスト投資用のマンションをローンで購入すると団体信用生命保険に加入できますが、この保険は契約者が死亡したり事故などで高度障害状態になった場合、残りローンが免除されるというものです。

もし、働けなくなってしまっても、ローンの支払いをせずにマンションの賃貸収入が残りますし、死亡した場合も残った家族が残りのローン支払いをしなくても良いので、生命保険と同じ効果を持っていることになります。

また、資産であるマンションと不労所得である家賃収入を家族に残せるので、生命保険よりも大きなメリットがあるとも言えます。

資産として不動産が残れば売却して現金化も可能ですし、残した家族の生活を支える保険としての効果がとても高いです。

団体信用生命保険を使うマンション投資は、少ない自己資金で家族に財産を残せる優れた投資法といえるでしょう。

団体信用生命保険とは?

投資用でも居住用でも、住宅ローンの場合、借入れ金額が高額なので返済期間が長期になり、返済期間のあいだに、借主が事故や病気で働けなくなったり、死亡したりすることもあるかもしれません。

団体信用生命保険に加入していると、住宅ローン返済中に死亡したり高度障害になったりした場合には、本人の代わりに生命保険会社が住宅ローン残債を払ってくれます。

もし団体信用生命保険に加入していないと、残された家族がローンを返済しなくてはなりません。

ほとんどの民間金融機関が団体信用生命保険加入を住宅ローン借入れ条件としていますが、健康状態が良好で生命保険に加入できるような状態でないと加入できません。

健康上の理由があって通常の団体信用生命保険に加入できない時は、若干金利が高くなりますが、基準が拡大されたワイド団体信用生命保険に加入できる場合があります。

また、団体信用生命保険は団体加入なので、一般の生命保険とは違って何歳で加入しても支払う保険料額は同じです。一般の生命保険は30歳と50歳の月々の保険料は3倍くらい違いますが、団体信用生命保険の場合保険料額は変わりません。

一棟マンション投資の2大メリットと
抑えておくべきリスクについて解説しています。

一棟マンション投資のおすすめ不動産会社3選

「キャッシュインフローを作る投資」なら

カイロスマーケティング

カイロスマーケティング

入居率と収益性を重視した「キャッシュインできる不動産」を提案し、自己資金を抑えた、利益を最大化させる投資を提供。

公式サイト

「将来的な保険としての投資」なら

インヴァランス

インヴァランス

生命保険や老後資産の代替として、一棟マンションの購入を検討している方に向けて、13もの金融機関と提携している。

公式サイト

「海外不動産への分散投資」なら

ダイムラーコーポレーション

ダイムラーコーポレーション

米国のコンサルタント資格を持ち、海外での不動産投資が可能。分散投資として、2社目3社目の投資先にもおすすめ。

公式サイト
【目的別】一棟マンションの投資会社【3選】

一棟マンション投資を
はじめるには?