投資会社を比較|一棟マンション投資の教科書

収益物件はこう探す!

一棟マンション投資に強い投資会社比較サイト » マンション投資のメリットまとめ » 年金対策
  

年金対策

こちらではマンション投資のメリットである年金対策について、ゆとりある老後の資金をシミュレーションし、年金給付額との差額分は資産収入で埋めるのが賢い方法であることについて解説します。

老後の資金をシミュレーションすると…

2019年に「老後資金2,000万円」という金融庁の報告書も記憶に新しいですが(最終的にこの報告書は受理されず)、平成22年度の生活保障に関する調査によると、老後にゆとりをもって生活するには毎月366,000円が必要になるそうです。

現在の年金給付額は約20万円なので、16万円くらい不足しています。年金だけしか収入がない場合、貯金を切り崩していくしかありません。しかし、その貯金も底をついたら…?考えるだけで怖くなりますが、これは将来起こり得る現実なのです。

ではこの不足分はどうやって補えばよいのでしょう。

マンション投資のメリット

マンションのイラスト収入には労働収入、年金収入、資産収入がありますが、投資資産から得る資産収入があれば、老後に働かなくても収入を得ることが可能です。

投資には株、FX、先物、不動産などがありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

株やFXは短時間で大きな利益が得られますが、それまでに時間がかかるため会社員には難しいかもしれません。

最近では株やFXに比べると安定しているマンション投資などの不動産投資が注目を集めています。

不動産投資とは、他人への賃貸目的で不動産を購入し、インカムゲイン(得られる家賃収入)で収益を上げることが目的の投資のことです。

自己資金がほとんど無くても、金融機関からの融資で物件を購入して家賃収入で完済するケースも多く、メリットも多いので、一般の会社員やOLからも注目されています。

もちろん会社員やOLだけでなく、金融機関に預金をしても金利が安く、金融機関が破綻しても1,000万円までしか保証しないペイオフが解禁されたこともあり、医師や弁護士にも不動産投資をする人が増えてきています。

不動産投資のメリットとしては以下の点があげられます。

  • 金融機関から融資をしてもらうので資金が少なくても投資できる。
  • 金融機関から融資してもらうと「団体信用生命保険」に入るので、借主に万一のことがあっても、生命保険のようにローンが完済される。
  • 資産として相続する時に賃貸マンションは優遇される。
  • 借主は投資後、ほとんど何もせずに、普通の生活を送りながら定期的に収入を得ることができる。

一棟マンション投資の2大メリットと
抑えておくべきリスクについて解説しています。

一棟マンション投資のおすすめ不動産会社3選

「キャッシュインフローを作る投資」なら

カイロスマーケティング

カイロスマーケティング

入居率と収益性を重視した「キャッシュインできる不動産」を提案し、自己資金を抑えた、利益を最大化させる投資を提供。

公式サイト

「将来的な保険としての投資」なら

インヴァランス

インヴァランス

生命保険や老後資産の代替として、一棟マンションの購入を検討している方に向けて、13もの金融機関と提携している。

公式サイト

「海外不動産への分散投資」なら

ダイムラーコーポレーション

ダイムラーコーポレーション

米国のコンサルタント資格を持ち、海外での不動産投資が可能。分散投資として、2社目3社目の投資先にもおすすめ。

公式サイト
【目的別】一棟マンションの投資会社【3選】

一棟マンション投資を
はじめるには?